婚約指輪は何で選ぶ?大きさ・デザイン・それとも…

星の数ほどある婚約指輪。最高のものを選びたい!

プロポーズの必須アイテム、婚約指輪。女性なら誰でも憧れる人生最良のシーンですね。そんな婚約指輪ですが、選ぶとなると、その数は星の数ほどあり、結婚情報誌の広告でも、アイテムの中ではダントツのナンバーワン。2人で選ぶのなら、女性に選んでもらえばいいのですが、男性1人では、予算とお店の人に相談に乗ってもらうしかありません。「好きな人が選んでくれた指輪なら、どんなものでも…」と女性は思ってくれると思いますが、やはり、彼女にとって、最高のものを選びたいですね。

やっぱり定番のダイヤモンド。「4C」って?

婚約指輪といえば、やはりダイヤモンドが主流ですね。ダイヤモンドには、「4C」と呼ばれる4つの品質基準があり、色・透明度・重さ・カットのそれぞれランクで価格が決まります。もちろん、上のランク方が上質のダイヤモンドなのですが、予算もありますので、ここは専門家の意見を聞いて、バランスの良いものを選べばいいと思います。それよりも、重要なのは指輪としてのデザインです。好みや服装、趣味などを考慮に入れて考えるといいでしょう。

彼女はどんなタイプ?シンプル?それとも、華やか?

では、実際にどんなデザインがあるかを考えてみましょう。シンプルなタイプでは、「ひとつ石タイプ」。昔ながらの立て爪から、丸っぽいものまで、いろいろなデザインがあります。華やかなタイプですと、真ん中の大きなダイヤの横に小さな脇石がついた「脇石タイプ」。脇石があることによって、実際の大きさよりダイヤが大きく見えるというメリットもあります。彼女のイメージならどちらのタイプがいいのか、一番彼女を知っているあなたが考えてあげましょう。でも、どうしても決められない時は、お店の人のアドバイスを聞くことも、プロポーズ成功の秘訣ではないでしょうか。

婚約指輪をつける期間は通常結婚するまでの婚約期間の間です。ただ今はファッション的には楽しんでいる女性がほとんどで、結婚後にもお出掛けする時やお呼ばれの際などにつけていく人も多くいます。

Comments are closed.